つくろう。
次の機能を、次の価値を、次の答えを。
素材とはモノづくりの礎。未来を広げる可能性そのもの。
私たちは、素材の進化で、
社会に新たなソリューションを生み出していきます。

自動車産業の草創期、国産大衆車生産のために
ハガネをゼロからつくる決意からスタートした、私たちのDNA。
それは「未来への使命感」と「未知への挑戦」。
100年に一度の大転換期と言われ、
クルマも人々の暮らしも大きく変わる今、
そのDNAは時代に強く求められている。

もっと、もっと、人と社会のために。
創立100周年となる2040年へ、そして、その先へ。
新たな一歩を踏み出し、モノづくりのまんなかを、
社会のまんなかを支えていく。

それが、私たち愛知製鋼の未来への約束です。

President's message

全社員の心を一つにしよう
~ Aichi Way策定~
 自動車産業は100年に一度の大転換期を迎えています。そのような環境の中でも生き残り進化し続けるため、私たちは経営理念を実現するための価値観・行動規範としてAichi Wayを策定し、普遍的な精神的支柱を確立しました。まずは、すべての根幹である全社員の心を一つにしようとしたのです。
モノづくりのまんなか、社会のまんなかを支える。
 次の課題は、当社の新しい姿を社外に伝えることでした。「果たして愛知製鋼とはどんな会社なのか?」数カ月にわたり徹底的に議論を行い、辿り着いた答えが「愛知製鋼は単に素材を作っていく会社ではない。革新的な素材や部品を作ることを通してモノづくりの可能性を広げている会社だ。」でした。
 言い換えると、創業時のDNAを引き継ぎ、素材・部品を進化させ続けることで、モノづくりのまんなか、社会のまんなかを支える会社です。まさに、Aichi Wayの精神を体現し、愛知製鋼が大切にしなければならない価値を表現する言葉でした。
つくろう、未来を。つくろう、素材で。
 そこで、私たちは、この当社が大切にしなければならない価値を「つくろう、未来を。つくろう、素材で。」というスローガンに込め、社会に宣言することにしました。私たちは素材を原点に、突出した技術で付加価値を与えて革新的な製品を提供し続け、未来の社会に貢献する会社となっていきます。

スローガン・ステートメントに込めた思いと価値

素材で
モノづくりの
可能性を広げていく。

「創業の志」

創業時の高い志/アイチのDNA

ゼロから未来を切り開く、
「モノづくりに対する情熱・使命感」

Aichi Wayで掲げられた創業の精神の「伝承」に通じる
「国産車の生産に不可欠な鋼をゼロからつくる」という
高い志、誠実に実践する姿勢、現場主義。
この創業の精神を常に忘れず、DNAとして刻み込み、
「未来へ向けた挑戦」を続けていこうという想い。

Aichi Way 伝承 -Sustain- 創業の精神

「社会への約束」

社会を支える素材をつくる使命感、責任

モノづくりのまんなか、
社会のまんなかを支えていくことで、
明日をもっと良いものに。
多くの人に笑顔と幸せを提供したい。

Aichi Wayで掲げられた「感謝」に通じるお客様、
チームメンバーみんなの幸せ。
仕事を通じて社会に貢献し、みんなで幸せと
思えることを実践し、多くの人に笑顔と幸せを
提供したいという想い。

Aichi Way 感謝 -Appreciate- みんなの幸せ

「未来への挑戦」

まじめに磨きあげ、新分野に挑戦する姿勢

「素材業のDNA」を活かした
次世代事業の育成、強化。
自ら未来を切り開き、挑戦する姿勢。

Aichi Wayで掲げられた未来へ向けた
「創造」への想いに通じる自ら未来を切り開き、
挑戦する姿勢・使命感。
「常に先を読み、創造力を最大にし、新しい世界へ
歩み出そう」という想い。

Aichi Way 創造 -Creatr- 未来への飛躍

大きな変革期を迎えている今だからこそ、
創業の志を忘れず、
さらに未来に向けて
「素材でモノづくりの可能性を広げていきたい」
という愛知製鋼の想いを込めた
「未来への約束」です。