CSRマネジメント

CSRの推進は愛知製鋼グループが長期安定的に成長し発展していくための基盤であり、企業統治の前提です。当社は、地球・社会の持続的発展に貢献するとともに、全てのステークホルダーから信頼されるCSR経営を実践するため、「CSR長期ビジョン」を制定し、CSR年度計画に基づいた施策を行っています。

また、1998年に制定した「愛知製鋼企業行動指針」を2007年に愛知製鋼グループ全体へ拡大しグローバル経営での行動規範「愛知製鋼グループ企業行動指針」を定め、グループ全社におけるCSR経営のよりどころとしています。

CSR推進体制

2018年3月にCSR会議を廃止し、CSR活動を経営そのものと捉え、取締役会、経営会議、コーポレート企画会議、その他の会議体において、CSRの活動方針を審議し、CSR目標を定め、活動のレビューを行っています。

CSR概念図

CSR概念図

※1 Aichi Way:愛知製鋼グループ全社員が持つべき共通の価値観・行動規範

※2 愛知製鋼グループ企業行動指針:企業活動を行う上での日常の具体的な行動規範(2013年10月改定)