人権の尊重と働きやすい職場づくり

人権尊重への取り組み

アイチグループは、「愛知製鋼グループ企業行動指針」に、国内外の法令やルール、およびその精神を遵守するとともに、人権を尊重することを明記し、行動の規範としています。

また、階層別研修など各種の教育機会を通して、社員一人ひとりの多様性がより尊重される企業風土を醸成しています。職場におけるハラスメント行為の予防に向けた“職場勉強会”も実施しており、人権に関する社員の相談には、「愛知製鋼“ほっと”ライン」を設置し、社員が直接顧問弁護士に相談できる体制を整えています。

愛知製鋼“ほっと”ラインの流れ

職場勉強会について

職場運営ハンドブックを配布して、ハラスメントの事例や各当事者の陥りやすい心理状態の情報共有をしました。
参加者はハラスメントの事例を通して問題となる行動や監督者が注意すべき点を議論しました。

今後も職場運営ハンドブックを活用した研修を継続的に実施していきます。

雇用および採用方針

社員の就業に関する基本的事項は、法令または労働協約において定められているものの他に、公正な労働条件の確立と職場秩序の維持を目的とした「就業規則」として定めています。

また、男女雇用機会均等法や一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)が提唱する「企業の倫理憲章」、「愛知製鋼グループ企業行動指針」に則り、採用選考基準を明確にして実施しています。

労働構成(年度)

年度 2013 2014 2015 2016 2017
総数(人) 2,383 2,409 2,477 2,521 2,592
管理職
(女性)(人)
279
(4)
284
(4)
291
(3)
303
(3)
312
(4)
一般社員
(女性)(人)
2,104
(140)
2,125
(149)
2,186
(160)
2,218
(177)
2,280
(187)
男性(人) 2,239 2,256 2,314 2,341 2,401
女性(人) 144 153 163 180 191
平均年齢(歳) 39.7 39.6 39.5 39.5 39.4
平均勤続(年) 19.7 19.4 19.0 18.9 18.4
離職率(%) 0.8 0.4 1.1 0.71 1.03
自己都合退職
(女性) (人)
20
(1)
12
(1)
28
(2)
19
(3)
28
(2)
新卒採用
(女性)(人)
66
(5)
69
(12)
77
(10)
82
(15)
97
(16)

総労働時間短縮への取り組み

社員の働きやすさと生活の充実に向けたさまざまな活動を、労使一体で進めています。

2015年度より、過重労働による健康障害の防止や、ワークライフバランスの推進による心身の健康の確保のため、総実労働時間の削減に向けた労使検討委員会を設置し、所定外労働時間の短縮や有給休暇の取得促進に積極的に取り組んでいます。

総労働時間実績推移(時間/年・人)

年度 2013 2014 2015 2016 2017
時間 2,180 2,195 2,174 2,219 2,177

年次有給取得率

年度 2013 2014 2015 2016 2017
取得率(%) 47.0 50.0 52.5 55.5 63.5

20日付与に対する取得率

詳細は財務・非財務ハイライト参照