陸上競技部が「東海市ふるさと大使」に就任

愛知製鋼陸上競技部はこの度、東海市制50周年記念事業の一環として、スポーツを通じた地域の更なる情報発信とイメージアップを担う「東海市ふるさと大使」に就任します。

 陸上競技部は、1970年の創部以来、陸上教室の実施や市民駅伝大会でのサポートに加え、
全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)への連続出場、世界レベルの競歩選手の育成など、陸上競技を通じて積極的に社会に貢献してきました。

 
今回の就任を機に、これまで以上に東海市との連携・協力を推進することで、地域のスポーツ振興と活性化に貢献していきます。


このページの先頭へ