トップメッセージ

Company of Choice Globally を目指して
~素材を通じ、持続可能な地球・社会へ貢献~


1940年3月8日、創業者である豊田喜一郎の「よきクルマは、よきハガネから。」という熱い思いから誕生して以来、トヨタグループ唯一の素材メーカーとして、高品質の「素材」をお客さまへ安定的に供給してきました。その研究と創造の精神は「よき社会は、よき素材から。」という新たなミッションへと受け継がれ、自動車産業はもとより、産業機械・IT・エレクトロニクス・医療・農業に至るまで、暮らしの中で利用される多くの製品に向けた様々な素材を世界に供給しています。

近年、私たちを取り巻く環境は大きく変化しています。自動車業界におけるCASE(コネクティッド化、自動運転化、シェアサービス化、電動化)が進展し、超スマート社会が到来しつつあります。私たちは、ブランドスローガン「つくろう、未来を。つくろう、素材で。」の想いを胸に、素材を原点に付加価値を与えて新たな価値を創造し続け、時代が求める社会ニーズに応えたビジネス展開で未来の豊かな社会に貢献していきます。

また、今や企業は収益向上のみならず、事業活動を通じて持続可能な地球・社会実現に貢献していくことが使命です。 その指針となる「2030年ビジョン」を創立80周年の節目に策定しました。 当社グループ共通の価値観・行動指針である「Aichi Way」をベースにESG経営をさらに推進し、ビジョン達成に邁進することで、SDGs達成、持続可能な地球・社会の実現に向けて貢献していきたいと考えています。

愛知製鋼グループは、これからもお客さま、株主の皆さま、地域の皆さまなど、ステークホルダーの皆さまの期待に応え続け、「Company of Choice Globally ~世界中で選ばれる会社~」を目指して挑戦を続けていきます。

藤岡 高広