CSR調達の推進

グローバルかつオープンフェアな取引

当社は、国内外を問わず、広く皆さまに調達情報とオープンで公正な取引の機会を提供します。

なお実際のお取引については、品質・技術・コスト・納期に加え経営の健全性・継続的改善姿勢・体制などを総合的に検討させていただき、決定しています。

相互信頼に基づく相互発展

当社はお取引先さまとの緊密なコミュニケーションによる信頼関係の構築と維持をベースに、ビジネスパートナーとしてともに成長し、成果を分かち合えることを基本の取り組み姿勢としています。

法令遵守

当社は調達活動において関係する法令を遵守するとともに、お取引先さまの機密情報についても社内規程に従って厳正に管理しています。

「グリーン調達」の取り組み

当社は1996年の「愛知製鋼環境憲章」制定以来、事業活動の全ての段階において環境の保全に配慮し、継続的改善に取り組んでいます。

2020年8月に「愛知製鋼グループ2030年ビジョン」を公表し、そのESG経営実践のための5か年実行計画として2021年3月に「アイチ環境取組プラン2025」を作成しました。本取組プランの根幹をなす環境基本方策の3本柱「エコエネルギー」、「エコプロダクション」、「エコマネジメント」を強力推進するべく、2021年4月に「グリーン調達ガイドライン」を改訂、環境負荷低減活動(CO₂排出低減、資源循環、環境負荷物質低減、生物多様性の保全)を推進されているお取引先さまからの優先的購入を実践しています。

また、製品含有化学物質に関する法規制やお客さまからの要求事項に基づき、規制物質を禁止物質、条件付禁止物質、制限物質に分類し、お取引先さまに明示しています。

新規取引時、含有成分や製造方法変更時、対象となる環境負荷物質の追加時には、お取引先さまへ「製品含有化学物質状況調査報告書」の提出を依頼し、非含有の確認、代替化を行い、不使用を徹底しています。