経営方針

はじめに

2020年8月に愛知製鋼グループ2030年ビジョンを策定しました。
会社を取り巻く環境がかつてないほどのスピードで大きく変わっていく中、「我々愛知製鋼グループはこれからどうすべきか」という指針を示す必要があると考え、「事業とモノづくり力の変革で収益力を向上させESG経営を実践」を基本方針に掲げ、

1.持続可能な地球環境への貢献
2.事業の変革で豊かな社会を創造
3.従業員の幸せと会社の発展

という、大きな3つの経営指針を定めました。

これらの指針とその施策の実行にあたっては、Aichi Wayに基づき、安全、品質、安定供給の順序を守り、健全な財務体質の維持を前提に、分数経営の分子活動である「環境変化に対応した事業変革」、分母活動である「TPSと品質を中核とした『モノづくり変革』」をこれまで以上に進めて、収益力を向上させ連結営業利益200億円を目指すこととしました。

2021-23 中期経営計画

今回2030年ビジョンの実現に向けて、今後3年間で取り組む重点課題、道筋を具体論に落とした実行計画として、2021-23中期経営計画を策定しました。

本中計の策定にあたって、コロナ禍での学び、気づきを次への成長の機会として捉え「新しいビジネス様式」としてまとめ、全社で取り組んでいきます。また、政府が掲げる2050年カーボンニュートラル実現に向け、技術開発を通してCO2排出削減の取り組みを強化します。CASEの進展、特に自動運転および電動化に確実に対応するために、デジタル技術の活用による事業変革(DX)を進めていきます。

今後も急激かつ時々刻々と変化していく経営環境に常にアンテナを高く持ち、変化に機敏にかつ柔軟に対応し、ビジョン達成に向けたマイルストーンを着実に刻んでいきます。